Archive for 2008年5月

平川地一丁目が解散!

5月 20, 2008

兄弟デュオの平川地一丁目が、7月末から8月の全国ツアーを最後に解散することを公式サイトで発表した。兄・龍之介(20)は「自分の力で音楽と向き合った人生の方向を考えている」、高校3年生の弟・直次郎(17)は「音楽、俳優業共に活動を終了し、進学を考えている」とし、それぞれの道を進むことを報告した。
5月20日付で更新された公式サイトでは、「平川地一丁目から、重要なお知らせ」として、7月30日にラストシングルとベストアルバムを同時発売し、ラストライブとする「2008年夏ラストツアー(仮)」を最後に活動を終了することを発表した。

 龍之介が中2(14)、直次郎が小6(11)でインディーズ盤をリリースし、翌年に「とうきょう」(2003年11月06日発売)でデビューしてから5年。作詞、作曲、編曲を自ら手がけ、数々の作品を残し、全国でライブを行ってきた平川地一丁目は、音楽活動のほか、兄弟でのテレビドラマ出演も果すなど幅広く活躍。直次郎は、9月公開の映画『グーグーだって猫である』にも出演している。

 この日の発表でふたりは、現在、一通り心の整理も付き、ラストライブに向けて緊張感を高めているとする。スタッフは、「彼らも自立する時がきました。まだまだ新たな可能性を秘めているふたりです。初の舞台で学んだ表現力を生かし、この夏のツアーはより成長した熱いものになると思います」とコメントしている。

 ラストツアーとなる「2008年夏ラストツアー(仮)」は、7月29日(火)に静岡・清水でスタート。8月23日(土)の東京・恵比寿LIQUIDROOMが最後のステージとなる。

携帯メール依存の子供 1日20通/顔知らぬ相手…

5月 16, 2008

携帯電話を持つ中学2年生の12%は顔を知らないメール友達が5人以上おり、小学5年生では9人に1人が深夜、携帯メールをしていることが15日、日本PTA全国協議会が行った「子どもとメディアに関する意識調査」で分かった。子供たちのメールを通じた複雑な交友関係や、携帯メールへの依存ぶりが浮かび上がった。

 調査は平成19年11月、小5と中2の計4800人と、その保護者4800人を対象に実施。小5の19%、中2の43%が携帯電話(PHSを含む)を持っていた。

 1日のメール送受信数は中2では11~20通が17%と最も多く、51通以上が16%。小5は1~5通が32%で最多だが、51通以上も3%いた。

 メールの相手は、中2では、同じ学校の友人が85%(複数回答)で最多だが、異性の友人が43%、掲示板・チャットで知り合った人が8%など「会ったことのないメル友が5人以上いる」が12%に上り、「親の知らないメル友がたくさんいる」も35%に達した。

 小5では「深夜でもメールをやりとりする」が11%、「会ったことのないメル友が5人以上いる」が3%いた。

 一方、「メールなどでいじめられたことがある」は中2で3%、小5で0・3%、「学校裏掲示板へ書き込んだことがある」は中2で4%、小5でも1%だった。

 同協議会は「正体の分からない相手に、自分の情報を教える危険性が子供には分かっていない。親が(有害サイトへのアクセスを制限する)フィルタリングなどを利用すべきだ」としている。

テレ朝記者、公然わいせつで現行犯逮捕

5月 15, 2008

路上で下半身を露出したとして、テレビ朝日の記者が警視庁赤坂署に公然わいせつの現行犯で逮捕されたことが15日、分かった。

 同社報道局ニュース情報センター社会部司法担当記者(29)。調べによると15日午前0時ごろ、東京都港区南青山の表参道交差点付近の路上で、ズボンのファスナーを開き下半身を露出した。巡回中の同署員が発見し、取り押さえた。

 男性記者は平成14年入社。主に社会部に所属し、現在は司法担当記者として東京地検特捜部の事件を取材。逮捕時も取材中で、酒は飲んでいなかった。

 テレビ朝日広報部のコメント「報道に携わる者がこのような容疑で逮捕されたことは誠に遺憾です」