サンシャイン連続暴行、関与か 強制わいせつ男、DNA資料一致

コンビニエンスストア前で女性を物色して後をつけ、胸を触ったなどとして、強制わいせつ容疑で逮捕された男が、昨年3月以降に東京・池袋のサンシャインシティで女性従業員が植え込みに連れ込まれ、体を触られた連続わいせつ事件にも関与した可能性が高いことが18日、警視庁捜査1課などの調べで分かった。サンシャインシティの現場に残されたDNA資料が男と一致した。警視庁はさらに余罪があるとみて追及する。

 男は東京都渋谷区本町、無職、村田騎士郎容疑者(28)。昨年12月22日、渋谷区内で女性をつけてマンションに入り、住居侵入の現行犯で逮捕、起訴された。

 昨年6月26日には、コンビニで買い物を終えた女性会社員(21)の後をつけ、杉並区内のマンションのエレベーター内で胸を触るなどしたとして、再逮捕された。杉並区や渋谷区などでは昨年6月以降、同様の被害が約10件発生している。

 一方、サンシャインシティでは昨年11月3日午後6時ごろ、階段で1人で休憩していた女性従業員が、男に声をかけられて屋外広場の植え込みに連れ込まれ、体を触られるなど、昨年3月から11月にかけて10件以上のわいせつ事件が発生した。

 サンシャインシティでは男は女性従業員に抱きついたり、体を触るなどしたほか、体液をかけることもあった。警視庁が村田容疑者のDNA資料を調べたところ、サンシャインシティの昨年11月3日の事件の資料と一致した。

 DNA資料の鑑定や防犯カメラ映像により、村田容疑者はほかに都内で2~3件の強制わいせつ事件、都内と他県で各1件の婦女暴行事件に関与している疑いも浮上しており、捜査1課などは各事件で再逮捕する方針。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。